秋深まる京都、観光客で混み合う車中で、席を譲られることが多くなりました。日本の若者――にではなく、中国・アジアなど外国から来た観光客に。日本の若者も幼い頃には「心のやさしさを素直に行動に表せていた」のでしょう。
 幼少期の仏ような心を守り育てていくことが大人の大きな役目のように思います。
――園長――

『精進努力』(しょうじんどりょく)〜最後までやり遂げよう〜  「精進努力」とは、目標に向かって、どんな困難にも負けずに努力することを言います。目標を達成するということはもちろん大切ですが、達成するために精一杯頑張るという課程も、とても意味があります。
 保育園では、運動会やお遊戯会などの行事があります。その行事に向けて、子どもたちはくじけそうになる時もありますが、お互いを励まし合いながら毎日練習を重ねています。日々努力を積み重ねて、本番で“できた”という喜びや達成感を感じることができます。
 目標を達成することは、私たち大人でも簡単なことではありません。子どもたちの力を信じて、励ましながらその成長を見守っていきたいと思います。


―成道会 (じょうどうえ・おさとりの日)―
 釈迦国の王子として生まれたシッタルダン(お釈迦様)は、何不自由のない暮らしをしておりましたが、29才の時に世の無常を感じ、妃と生まれたばかりの子どもを残して出家し、修行の生活に入りました。苦しい修行をしても、また安易な生活の中でも真理は悟れないことを知り、一人で菩提樹の下にお座りになりました。そして12月8日の朝、中道の立場に身を置くことによって真理を体得できることをお悟りになりました。その日を「成道会(じょうどうえ)」といってお祝いいたします。

―ご報告―
幼児親子遠足 10月6日(金)
 子どもたちが楽しみにしていたお芋掘りは、生憎の雨で中止になってしまいましたが、観光バスに乗って琵琶湖博物館へ行きました。たくさんのお魚や、琵琶湖に住む生きものを見たり、実際に触れるコーナーでは、魚やザリガニに触れてみるなど、親子でゆっくりと楽しんで過ごしました。普段なかなか見ることのできない生きものをたくさん見ることができて大喜びの子どもたち。
 大好きなお父さん・お母さんとバスに乗って出かける遠足を楽しみました。
 お忙しい中、多数ご参加いただきありがとうございました。
慰問 10月19日(木)
 年長児が、デイサービスセンターむらさきのへ慰問に行きました。「どんなおじいちゃん、おばあちゃんに会えるのかな?」と緊張と期待を胸に行くと、たくさんの拍手で迎えていただきました。
 初めにご挨拶をして、一人ずつ名前と好きな動物を発表しました。園でいつも歌っている「とんぼのめがね」の歌を聞いてもらったり、一緒に手あそびをして過ごしました。笑顔で拍手してもらえると、子どもたちも緊張が解けてきて、笑顔を見せていました。
 「来てくれてありがとうね」と、皆さんに声をかけてもらい、嬉しそうな子どもたちでした。

<これからの行事>
【11月】

18日(土) 成道会お遊戯会
(八瀬野外保育センターにて)

28日(火) 道了大権現 お火焚き


【12月】

 6日(水) おもちつき

 8日(金) 成道会(本山にて法要)
お釈迦様がおさとりをひらかれた日です。


−おあそび会 第2、第4水曜日−
 就園前のお子さまがのびのび遊んでいただける場として、「おあそび会」を開いています。親子でご参加ください。参加ご希望の方は園までお申し込みください。事前予約制で、先着10組まで給食も用意しています。
11月8日(水)お茶の時間、11月22日(水)おもちゃであそぼう

−冬のお休みについて−
12月30日(土)〜1月4日(木) 休園日
1月5日(金)より平常保育開始


−下鴨中学校職場チャレンジ体験−
中学2年生5名が11月6日から9日まで職場チャレンジ体験に来ます。


−署名・カンパの御礼−
保育園連名からの「署名・カンパ」のご協力、感謝申し上げます。今年のカンパは
28,000円でした。ありがとうございました。


−保育園入所についてのお知らせ−
10月23日より、来年度の保育利用申込書類を保育園・福祉事務所でお渡ししています。書類の提出は11月1日より受付です。